読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんでもやる②

こんにちは!
ミライ☆ネイリストのきりこです。


仙台でどこに行ってきたの?
と聞かれたらまずは
こちらのゴージャス感満載のKサロン 


ちょうど仙台の妖精 渡邊ひろこさんの
ロコジュリィというブランドの展示会中〜♡
出張ミライ☆ネイルとしてカードセッションを次々とさせていただく事になりました。

f:id:kiriko2016:20160423224942j:image

それはさておき
さておき?
カードセッションは盛り上がり、最後は笑いが溢れ、うわぁ〜来てよかった!そして、また来る!って思えたのです。

それもそーなんだけど、
気づいた事もあったので、言葉にしてみるね。



Kサロンはハイクラスな空気にもかかわらず
仙台PrsnT(わたしが主催する名古屋PrsnTのキッカケになったお話会)の会場にもなっていた不思議サロンです。


オーナーの草原さんとわたしは同い年♫

f:id:kiriko2016:20160423225909j:image


こういう場所に来ると、お嬢様の群れの中で暮らしていた頃を思い出す〜。

いいところもいっぱいあったけれど、当時は学校がイヤでたまらなかった。
お嬢様がたの鼻もちならなさにもウンザリしていた。
でも彼女たちを批判することはできない。
そうなることが良かれと思って、愛を持って育てられてるんだから。

学校でも、本校の生徒であることに誇りを持ちなさい。なんて言ってたし。


自分はそうならないぞって思ってたけれど、やっぱり自分も鼻もちならない小娘だった。
居心地が悪くて…でも、友だちはみんな性格良くて…

わたしはゴージャスやハイクラスが苦手なんだと思いこんでいたけれど、

そうではなかった。


そういう人たちがよくやる、それ以外の人を遠ざけるような、もっと悪い場合には見下すような行為が嫌だったんだなー。


オーナーの草原さんにはそれを感じない。


敬意と愛を持って人と接しているなぁと、そしてそれは彼のような立場の人にはとても難しいことでもあると思う。
彼のビジュアルや美意識、センスが突き抜けているからこそできることなのかも。


そっかー。
なるほどなー。


わたしが嫌だな、と思っていた
線を引く人、遠ざける人たちにも理由があるんだね。
そうせざるを得なかったり、
自分の世界を守るためでもあるんだね。


わたしも、わかったような事を言ってるけど
線を引く事もあるかもしれない。


それでも
人を見下すのはイヤだなぁ
人を下げて自分を立派にするって、ぜーんぜん立派じゃないよね!
それだけはハッキリ言えるよ。


はーーー★
今回は思うように言葉にならず、
読みにくくてごめんなさい!


そして、
タイトルの なんでもやる②は、ステキサロンでカードセッションって事にしといてくださーい(^◇^;)

生ぬる〜い気持ちで応援してね!
まだ続きます♫